もしもアフィリエイト取引規約

もしもアフィリエイト取引規約(以下「本規約」という。)は、株式会社もしも(以下「当社」という。)と当社の提供するもしもアフィリエイトに関して、マーチャントとの間の関係を定めたものである。

  1. 第1章 一般条項

    1. 第1条 (定義)

      1. マーチャント、マーチャントサイト
        役務、商品等を提供することを目的として一般消費者を自己の運営するWebサイトに誘導するために、当社に当社指定の申込書を提出、もしくは、当社指定のWebサイトからの申込をした広告主をマーチャントという。マーチャントが運営するWebサイトをマーチャントサイトという。
      2. サイトオーナー
        もしも会員規約に同意した上で、一般消費者を自己の運営するWebサイトからマーチャントサイトに誘導し報酬を得ようとするものをサイトオーナーという。
      3. もしもアフィリエイト
        マーチャントが提供する広告を、特定のサイトオーナーが運営するWebサイトに掲載すること(以下「個別広告掲載」という。)により、当該広告を経由して一般消費者がマーチャントサイトを訪問し、マーチャントが設定した役務、商品等が一般消費者に提供された場合(具体的な条件は、第3条第1項に定める当社指定の申込書にて指定)に、当社を経由してマーチャントからサイトオーナーに報酬が支払われる仕組みをいう。
      4. マーチャントID
        マーチャントがもしもアフィリエイトの専用管理画面にログインするために、当社がマーチャントに付与する任意の値をいう。
      5. プロモーション
        マーチャントが一般消費者に提供する役務、商品等をもしもアフィリエイトを通して宣伝・露出する行為をいう。
    2. 第2条 (マーチャントの申込と契約成立)

      1. マーチャントになることを希望するものは、当社指定の申込書を当社に提出、もしくは、当社指定のWebサイトからの申込をしなければならない。
      2. 申込みは、必要事項を記入し提出しなければならない。
      3. 当社は、申込を受領した場合に審査を行う。審査の結果、申込者をマーチャントとして認めた場合には、当社がマーチャントに対してメールで通知し、その時点で契約が成立する。
      4. 当社が、マーチャントに対してマーチャントIDをメールで通知する際、マーチャントには専用の管理画面が付与される。
    3. 第3条 (プロモーション内容の決定・変更)

      1. マーチャントは、プロモーションが開始されるまでに、プロモーション実施期間、成果報酬金額、及び成果承認条件等を当社に提出しなければならない。
      2. 当社は、マーチャントが提出した申込みに基づきプロモーションの審査を行い、審査承認後にもしもアフィリエイトに登録を行う。
      3. 前項の審査承認後に、マーチャントがプロモーション内容の変更を行う場合、マーチャントは、当社に対して変更の申請を行わなければならない。なお、当社がマーチャントの申請した変更を完了するまでには一定期間を要することを、マーチャントは承諾する。
    4. 第4条 (個別広告の配信・掲載の終了)

      1. マーチャントは、第2条第4項に定める管理画面上で、事前にサイトオーナーに対する告知を行った上で、個別広告の配信を終了させることができる。
      2. サイトオーナーは、個別広告の掲載を事前の連絡無しに終了することができる。これに対し、マーチャントは異議を述べることができない。
    5. 第5条 (成果の承認、成果報酬の確定)

      1. マーチャントは、マーチャントサイトにサイトオーナーが一般消費者を誘導したことに起因して発生した第3条第1項に定める成果を、マーチャントが取引上妥当な範囲で定めた期間内に専用の管理画面から承認又は否認をしなければならない。
      2. マーチャントは、当社が認めた場合に限り、前項に定める成果承認期間を延長することが出来る。
      3. マーチャントは成果承認期間を経過した成果について、マーチャントにより成果が承認されたと当社がみなすことを承諾する。
      4. 専用の管理画面に表示されない成果について、当社又はサイトオーナーから合理的な根拠が示された場合、マーチャントは専用の管理画面に表示された成果同様に承認又は否認をしなければならない。
      5. マーチャントの成果の承認又は否認について当社が根拠を求めた場合、マーチャントは当該根拠を当社に提示しなければならない。
      6. マーチャントが成果の発生条件をクリックであると定義した場合、当社が計測するクリック数に基づいて成果報酬の計算がされる。ただし、不正クリック等当社が合理的であると判断する項目については除外する。
      7. サイトオーナーが、別途定められているもしも会員規約に違反して退会等になり、成果報酬の没収・返還が当社によって行われた場合でも、マーチャントは承認した成果について当社に成果報酬額と手数料を支払う義務を負う。
    6. 第6条 (オプションの利用)

      マーチャントが、別途設定されるもしもアフィリエイトのオプション機能を利用する場合には、当社指定の申込手続きを行わなければならない。

    7. 第7条 (もしもアフィリエイト利用代金の請求・支払)

      1. 当社は毎月末日を締め日として、もしもアフィリエイト利用代金をマーチャントに請求する。
      2. もしもアフィリエイト利用代金は、成果報酬額、当社手数料、オプション利用料等を集計して計算される。
      3. マーチャントは、翌月末日までに当社指定の預金口座に、もしもアフィリエイト利用代金を支払わなければならない。なお、振込手数料はマーチャントの負担とする。
      4. アフィリエイト利用代金が3,000円に満たない場合、当社の裁量でマーチャントに対する請求を次月以降に繰り延べることができる。ただし、請求の繰り延べが続いた場合は、最終成果月から半年経過した月末に、繰越請求額を請求するものとする。
      5. マーチャントに対する当社の請求は、当社が指定する媒体によって行われる。
    8. 第8条 (もしもアフィリエイト利用代金の支払い義務遅滞)

      1. マーチャントが、もしもアフィリエイトの利用代金の支払義務を怠った場合には、年14.6%(年365日の日割り)の割合で、当社に対して遅延損害金を支払うものとする。
      2. 当社は、マーチャントがもしもアフィリエイトの利用代金を支払わない限り、サイトオーナーに対して報酬を支払わない。これによって発生するサイトオーナーとの問題については、マーチャントの費用と責任で解決するものとし、当社は一切関与しないものとする。
    9. 第9条 (保証)

      1. マーチャントは当社に対し、マーチャントのプロモーションが、第三者の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、回路配置利用権及びパブリシティ権、肖像権、プライバシー権、名誉権その他の権利を侵害しないことを保証する。
      2. 当社がマーチャントのプロモーションに関し、第三者の権利を侵害するとして、第三者からクレーム(訴訟を含む)を受けた場合、マーチャントはマーチャントの費用と責任で当該クレームに対処するものとする。
      3. 当社がクレームにより損害を被った場合(当社が第三者に発生した損害を賠償した場合を含む)においては、当社は、マーチャントに対しかかる損害(合理的な専門家費用及び訴訟費用を含む)の賠償請求をすることが出来るものとする。
    10. 第10条 (禁止行為)

      1. マーチャントは、以下の行為を行ってはならない。
        1. 本規約又は別途締結される個別契約上の地位の移転、又はこれらに基づく権利義務の全部、若しくは一部の譲渡
        2. 法令の定めに違反する行為又はその虞のある行為
        3. 公序良俗に反する行為
        4. 一般消費者の判断に錯誤を与える虞のある行為
        5. サイトオーナーに対して、当社を介さない広告掲載を誘引する行為(当社が許可した場合は除く)
        6. もしもアフィリエイト申込後に同種又は類似の業務を行う行為
        7. 当社のサービス業務の運営・維持を妨げる行為又はその虞のある行為
        8. 有害なコンピュータプログラム、メール等を送信又は記載する行為
        9. サーバその他当社のコンピュータに不正にアクセスする行為
        10. 本規約の各条項に違反する行為
        11. 当社が別途禁止行為として定める行為
      2. マーチャントが前項第5号に違反した場合には、該当するサイトオーナーがもしもアフィリエイトにおいて違反日を基準として過去3年間で獲得した報酬の3倍の金額を、マーチャントは当社に対して違約金として支払うものとする。ただし、当社に発生した損害額が当該違約金を上回る場合、マーチャントは当該損害額を当社に対して支払うものとする。
    11. 第11条 (反社会的勢力との絶縁の保証)

      1. 当社及びマーチャントは、相手方に対し、次の各号に定める事項について保証する。
        1. 暴力団等の反社会的勢力との間に、直接・間接を問わず何ら資本・資金上の関係もないこと。
        2. 暴力団等の反社会的勢力に対して、名目の如何を問わず資金提供を行っていないこと、及び今後も行う予定がないこと。
        3. 暴力団等の反社会的勢力に属する者及びそれらと親しい間柄の者を役員等に選任しておらず、また、従業員として雇用していないこと。
        4. 暴力団等の反社会的勢力が、直接・間接を問わずその経営に関与していないこと。
      2. 当社及びマーチャントは、相手方が前項の保証に反すると合理的に判断したときは、第20条第1項第1号に基づき本規約を解除することができるものとする。
    12. 第12条 (IDとパスワードの管理)

      1. マーチャントは、第2条第3項に基づき当社から発行されたパスワードについて、第三者に知られないように厳重に管理し、パスワードの盗用を防止する措置をマーチャントの責任において行う。
      2. 当社は、第2条第4項に定める管理画面へのアクセスについて、送信されたID、パスワードがいずれもマーチャントの登録事項である場合には、マーチャントからの送信として取り扱うこととし、不正使用その他の事故等により生じた損害については一切責任を負わない。
    13. 第13条 (担当者との連絡)

      マーチャントと当社との連絡は、電子メールにて行われるものとする。当社は、マーチャントが登録したメールアドレスに情報を発信した時点でマーチャントへの通知を完了したものとみなす。

    14. 第14条 (成果の管理)

      1. マーチャントは、10日に1度以上は、当社が付与したマーチャント専用のWebページにアクセスし、成果結果に関するデータを管理する義務を負う。
      2. マーチャントは、サイトオーナーによる不正な行為を発見した場合、直ちに当社に報告しなければならない。
      3. マーチャントが、成果結果に関するデータの管理・不正な行為の報告を怠ったことに起因する一切の損害はマーチャントの負担とし、サイトオーナーとのトラブルはマーチャントの費用と責任で解決するものとし、当社は一切関与しない。
      4. マーチャントの成果の承認又は否認に関して虚偽の処理又は不当な処理が判明した場合、マーチャントは当社に対して、該当成果に対応する報酬、当社手数料、及び当該不正行為を明らかにするために当社が負担した一切の費用を、当社に対して支払う義務を負う。
    15. 第15条 (成果測定システムの設定及び管理)

      1. マーチャントは自らの責任において、マーチャントサイトに成果測定システムの設定を行い、マーチャントサイトの運営・管理上の一切の動作・作業により当該設定に誤りが生じないよう、常に管理する責任を負うものとする。
      2. 当社から成果測定システムの更新情報等がアナウンスされた場合、マーチャントは速やかに対応しなければならない。
      3. マーチャントの懈怠により成果測定システムの設定に誤り又はその他の不具合が生じた場合、付随して発生する一切の問題についてマーチャントの費用と責任で解決しなければならない。
    16. 第16条 (秘密保持)

      1. 当社及びマーチャントは、もしもアフィリエイトに関連して知り得た相手方の販売政策、顧客情報、その他の情報を漏洩してはならず、また、本規約履行の目的以外に使用してはならないものとする。
      2. 以下の各号のいずれかに該当する情報については、当社及びマーチャントは、前項の義務を負わないものとする。
        1. 情報の開示の時点で、すでに公知である情報
        2. 情報の開示の後、情報の開示を受けた当事者の責に帰すべき事由によらず、公知となった情報
        3. 情報の開示の以前から、情報の開示を受けた当事者が適法に所持していた情報
        4. 情報の開示の後、情報の開示を受けた当事者が、第三者より秘密保持義務を負わず適法に入手した情報
        5. 開示について事前に相手方の承諾を書面にて得ている情報
        6. 弁護士、公認会計士等の法令上の守秘義務を負う者に開示する情報
        7. 裁判所、警察、税務署、金融商品取引所等の公的機関又は審査機関の命令又は要請に基づき秘密情報を開示する情報
        8. 当社が、内部管理に関する業務を行うために、当社の関係会社(財務諸表等規則第8条第8項に定める者をいう。)に対して開示する必要のある情報
      3. 当社は、もしもアフィリエイトに蓄積されたマーチャントの統計情報をもしもアフィリエイトの活性化に必要な範囲内で利用することができる。
      4. 本条の義務は、本契約の終了後も有効に存続する。
    17. 第17条 (個人情報管理)

      当社及びマーチャントは、個人情報の取り扱いについて、個人情報の保護に関する法律、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律、特定商取引に関する法律、およびその他の法令を遵守するものとする。

    18. 第18条 (有効期間)

      1. 本規約の有効期間は、マーチャントの契約成立から1年後の末日までとする。
      2. 期間満了の1ヶ月前までに、当社又はマーチャントのいずれからも本規約終了の申し入れのない場合、当社及びマーチャントは、本規約を同一条件で1ヶ月間継続することに合意したものとみなし、以後についても同様とする。
    19. 第19条 (有効期間中の解約)

      1. 当社及びマーチャントは、前条の有効期間中といえども、書面による1ヶ月前の予告を持って本規約を解約できるものとする。
      2. マーチャントが当社に対して支払った成果報酬額、当社手数料、オプション利用料等は、マーチャントによる解約申出により途中で本規約が終了した場合においても、その他の事由の如何を問わず返還しないものとする。
      3. 解約日時点で承認又は否認が行われていない成果については、本規約が解約された場合でも、本規約に則ってマーチャントが承認又は否認を行う義務を負い、当社は、マーチャントが承認した成果に関する成果報酬及び手数料を請求する権利を有する。
    20. 第20条 (契約の解除等)

      1. 当社又はマーチャントが、以下のいずれかに該当した場合、他方当事者は何らの催告を要さず直ちに本規約及び個別契約の全部又は一部を解除できるものとし、被った損害(合理的な専門家費用及び訴訟費用を含む)の賠償を請求することができるものとする。
        1. 本規約又は個別契約に定める各条項に違反したとき
        2. 強制執行を受け、若しくは会社更生、破産、民事再生、特別清算等の申し立てがなされたとき
        3. 合併によらず解散したとき、又は主要な営業を譲渡したとき
        4. 支払い停止又は手形交換所の不渡り処分を受けたとき
        5. その他著しい信用の悪化、背信行為のあったとき
      2. 前項に基づき本規約が解除された場合、相手方当事者は、他方当事者に対する債務を直ちに支払う義務を負う。
    21. 第21条 (サービスの一時停止)

      マーチャントは、もしもアフィリエイト又は、マーチャントのプロモーションについて、以下の事由によりマーチャントに事前に通知されることなく一定期間停止される場合があることをあらかじめ承諾し、サービス又はプロモーション停止によるシステム利用料等の返還、損害の補償等を当社に請求しないこととする。

      1. 当社のサーバ、ソフトウェア等の点検、修理、補修、改良のための停止
      2. コンピュータ、通信回線の事故、障害による停止
      3. マーチャントのプロモーションが下記の事項に該当する場合
        (1) 公序良俗に反している場合
        (2) 第三者の権利を侵害している場合
        (3) 諸法令に抵触している場合
    22. 第22条 (免責)

      1. 当社は、マーチャントがもしもアフィリエイト利用に関して被った損害(サーバ又はソフトウェアの障害不具合・誤作動、もしもアフィリエイトの全部又は一部の停止、マーチャントの利用停止、顧客との取引などによるものを含むが、それらに限らず、またその原因の如何を問わない)について、賠償する責を負わないものとする。
      2. 当社は、マーチャントの事前の承諾なく、もしもアフィリエイトの仕様などの変更若しくは追加、又はもしもアフィリエイトの停止若しくは廃止を行うことができる。
    23. 第23条 (損害賠償)

      1. マーチャントの行為を原因として第三者に損害が発生した場合、当社は何ら責任を負わないものとする。
      2. マーチャントの行為を原因として当社に損害が発生した場合(当社がサイトオーナーその他の第三者から損害賠償等を請求された場合を含む)、マーチャントは当社に訴訟費用、弁護士費用等も含めた損害額を支払う義務を負う。
    24. 第24条 (不可抗力)

      天災、ストライキ、戦争行為、通信回線の不通又は通信機器の破壊等の不可抗力があった場合、当社及びマーチャントは、本規約義務を履行する責任及び履行遅滞についての責任を負うことはない。

    25. 第25条 (規約の変更)

      1. 当社は、必要と認めたときに、マーチャントへの予告なく本規約及び本規約に付随する規約の内容を変更することが出来る。
      2. 本規約又は本規約に付随する規約の変更については、当社が変更をマーチャントへ通知(当社のサーバ内でマーチャントがID及びパスワードでアクセスできる部分に掲示した場合を含む)した後において、マーチャントが広告掲載を継続した場合は、マーチャントは新しい規約に合意したものとみなし、変更後の規約を適用する。
    26. 第26条 (準拠法、合意管轄裁判所)

      本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、当社とマーチャントとの間で訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

    27. 第27条 (協議事項)

      本規約に定めのない事項又は本規約に関し疑義が生じた場合は、当社及びマーチャント双方で、誠意を持って協議し円満に解決を図るものとする。

以上

  • 2010年3月1日 制定
  • 2013年8月22日 改訂
  • 2017年2月23日 改訂
  • 2018年3月12日 改訂
  • 2019年1月21日 改訂